TOP > 社員インタビュー > 大学・公的機関の研究開発職 

大学・公的機関の研究開発職

化学

大学での専攻

化学

勤務先

国立大学研究チーム

担当業務

分子ナノカーボン研究における走査型トンネル顕微鏡のオペレーション

ワールドインテックRDは研究者たちを 手厚くサポートして、大切にしてくれる会社です。

現在は、国立大学の研究チームで働いています。当初は配属先の研究内容が大学時代と全く別の分野でしたので、ついていけるか不安だったのですが、わからないことはすぐに現場の上司に聞き、研究以外のことはワールドインテックRDの担当者にすぐに相談できる環境が整っていたので、不安を払拭することができました。派遣であることを気にする人もいると思いますが、派遣と言っても、私たちはワールドインテックRDの社員なので、派遣切りにあうこともないですし、契約が終わったとしても次の企業に配属されるだけなので、マイナスに捉える必要はないと思います。配属先を異動したい場合も要望を出せば営業の方が迅速に動いてくれます。さらに最近では、がんばっている人を伸ばそうとする体制も整ってきています。

先輩に聞いた!一問一答

  • ワールドインテックRDはどんな会社?

    研究社員を大切にしている会社。 同業他社よりも福利厚生が良い。また、月に1回程度、担当営業社員との面談が設けられ、労働環境、不安点、今後の配属先などをきちんと相談できる場があります。

  • ワールドインテックRDに向いている人材とは?

    いろいろな経験をして経験値を上げたい人におすすめです。