TOP > 社員インタビュー > 製薬分野の研究開発職 

製薬分野の研究開発職

化学

大学での専攻

細胞・分子生物学・タンパク

勤務先

大手医薬品メーカー

担当業務

診断薬に関する研究開発

ワールドインテックRDが、働きやすい環境を しっかりと作ってくれるので、安心して働けます。

就職活動中に派遣の研究職があることを知って、こういう働き方もありだなと思いました。私にとっては、ずっと研究が続けられること、働く地域を相談できることが魅力でした。実際に働いてみると配属先の企業、同じ現場で働く周囲の人々、そしてワールドインテックRDと、さまざまなところから評価される立場なので緊張感はあるのですが、だからこそがんばろうと、それをやる気に変えて働いています。信頼を得ることで、例えば、緊急性のある仕事や重要性の高い仕事を与えてもらえる機会が増えるので、やりがいを持って充実した毎日を過ごしています。また、ワールドインテックRDが研究者のコミュニケーションの場を積極的に作ってくれるので輪を広げることができますし、日々のサポートも充実していて配属先でも安心して仕事ができています。配属先との相性などもありますが、そんな中でもみんなが楽しく働けるのは、ワールドインテックRD独特の和気あいあいとした雰囲気があるからだと思います。

先輩に聞いた!一問一答

  • ワールドインテックRDはどんな会社?

    さまざまな業界で研究するチャンスを提供してくれる会社。医療、食品、化学、工学など、分野は幅広く、経験と知識は着実に増えていきます。 加えて雇用形態が正社員であるため、昇給や賞与、福利厚生もあります。

  • ワールドインテックRDに向いている人材とは?

    やはり研究者ですので、先のことをしっかり考え、計画的に業務を進められる人だと思います。 その上で、実験に対してもくもくと進めていける人が向いていると思います。