TOP > 社員インタビュー > 化学分野の研究開発職 

化学分野の研究開発職

化学

大学での専攻

動物実験・細胞

勤務先

大手医療機器メーカー

担当業務

血管系医療機器の開発

アウトソーシングだからこそ、ずっと研究ができる。 やりたいことができる環境に満足しています。

研究職に就きたいと考えて就職活動をするなかで、アウトソーシングという働き方があることを知りました。メーカーに就職すると、最初は研究職で配属されても、営業や事務への人事異動がある可能性がありますが、アウトソーシングですとそのようなことがなく、ずっと研究職に携われるので、その点が魅力的だと思いました。面接のときに3人ぐらいの営業の方とお話ししたのですが、みなさんとても印象が良く、自分もここで働きたいと思いました。働き始めた当初、不安だったのはやりがいが得られるかということ。派遣なので、コアな部分には関わらせてもらえず、目的がわからないまま、ただ実験をするのではないかという疑念があったのですが、現在の配属先ではそのようなこともなく、コアな内容にも関わらせていただいています。やりたいことをやらせてもらえていますし、研究面に関しては、配属先の社員さんたちと何ら変わらない扱いをしていただいているので満足しています。

先輩に聞いた!一問一答

  • ワールドインテックRDはどんな会社?

    やる気がある人を育てる環境がある会社。 自分がやってみたいと発信したことを、真摯に受け止めて考えてくれる環境があります。

  • ワールドインテックRDの利点とは?

    研究者にとって良い経験を積める環境。 配属先企業は一流企業が多く、研究社員のヒューマンスキルやテクニカルスキルも高いので、自分を研究者として成長させるのに、とても良い環境を提供してくれます。