TOP > 社員インタビュー > 化学分野の研究開発職 

化学分野の研究開発職

化学

大学での専攻

有機合成

勤務先

大手ガラス・電子部材メーカー

担当業務

有機化合物の合成、解析、 分析

ワールドインテックRDには、ずっと安心して 研究を続けられる環境があります。

ここならずっと研究ができると思ってワールドインテックRDを選びました。特定の企業に就職した場合、部署異動で研究から離れることになってしまった、という例も多く聞きますが、ワールドインテックRDではそのようなことは起きません。また、会社側と配属先企業との契約によって守られているので、安心できる環境で研究を行うことができます。入社してから学んだことは、仕事をすることはサービスであるということ。日々の業務のなかでクライアントである配属先の企業に満足いただけるサービスを提供することが大切だと感じています。配属先が変われば研究内容も変わりますが、さまざまな環境でさまざまな研究に携われることは自身のスキルアップにつながると思っています。
私は、若手が中心となって研究者たちをまとめていけるよう、自分なりの企画を会社に提案したりしているのですが、そういった提案も受け入れてくれる体制があるのは有り難いですね。

先輩に聞いた!一問一答

  • ワールドインテックRDはどんな会社?

    専門分野に熟練特化したプロフェッショナルやテクニシャンを武器に、企業の研究開発をサポートする会社。豊富な人材で専門技術と知識を提供するセレクトショップのような会社だと思います。

  • 研究者としてのスキルアップへのサポートは?

    日常の研究開発業務では獲得しにくいビジネススキルなどの教育を受けることができるので、研究者としてだけでなく、社会人としてのスキルアップができます。