研究職 臨床開発職の正社員募集 ワールドインテックRD リクルーティングサイト

TOP > 新卒採用 > 修士インタビュー⑤ 

ワールドインテックは、
なりたい自分になれる場所。

バイオ系学部で細胞・分子生物学を専攻し修士を取得。
入社3年目。現在は、大手精密機器メーカーに配属。


2015年入社
バイオ系学部 修士修了
大学での専攻:細胞・分子生物学
勤務先:大手精密機器メーカー
担当業務:バイオマーカー探索・分析

1 どのような思いで就職活動をしていましたか?

私は実験が好きだったので、研究の業務に関わりたいという思いを持って就職活動をしていました。その中で、アウトソーシングという業界があるのを知り、これなら転職しなくてもいろいろな研究室でいろいろな経験ができると考えて会社説明会に行ったのが、ワールドインテックとの出会いでした。
私が重視していたのが、実験研究ができることと会社の社風だったのですが、採用担当の方などと会う中で、自分に合っていると思ったことが決め手となって、この会社に入社しました。
派遣というイメージから周囲には反対されましたが、そのイメージさえ払拭できれば、研究という職業をメーカー以外でかなえられる会社だと思っていました。

2 実際に勤務してみて、いかがですか?

どの配属先でも、企業とワールドインテックとの契約で、技術者を教育することが約束されており、働きだしたらきちんと教えてもらえるので不安はなくなります。今の配属先での仕事は、大学院までの研究とは全然違う分野で、何もわからない状態で入ったのですが、面談のときにそれを伝えたら「一から教えます」と言っていただき安心しました。
2年目くらいから学会で発表する機会をもらえたり、社内報の研究論文に名前を載せてもらえたときに一研究者としての成長を感じます。昔は、人前に出るのが苦手でしたが、もっといろいろ勉強できるなら、そのような役目も担おうと考えるようになったのは、自分自身の大きな変化だと思います。将来的にはプロジェクトに誘ってもらえるような人材になることを目指したいです。

3 新卒者へのメッセージをお願いします。

ワールドインテックは、いろいろな場所で研究できることはもちろん、自分が求める方向性が環境としてそろっていて、学べることが多いうえ、キャリアプランの幅も広がるので、なりたい自分をかなえられる場所。わくわくする会社だと思います。みなさんもワールドインテックで、なりたい自分になってみてください。

5/5
新卒採用TOPへ