研究職 臨床開発職の正社員募集 ワールドインテックRD リクルーティングサイト

TOP > 新卒採用 > 修士インタビュー③ 

和気あいあいとした安心できる環境で、
やりがいを持って働くことができています!

バイオ系学部で細胞・分子生物学・タンパクを専攻し修士を取得。
入社2年目。現在は、医薬品・診断薬を研究・開発する企業に配属。


2016年入社
バイオ系学部 修士修了
大学での専攻:細胞・分子生物学・タンパク
勤務先:大手医薬品メーカー
担当業務:診断薬に関する研究開発

1 どのような思いで就職活動をしていましたか?

やっぱり研究が好きだったので、研究職に就きたいという気持ちは強かったです。
就職活動中に派遣の研究職があることを知って、面接を受けてみて、こういう働き方もありだなと思いました。ずっと研究が続けられること、働く地域を相談できることが、私にとってはとても魅力的でした。

2 実際に勤務してみて、いかがですか?

私たちは配属先の企業、同じ現場で働く周囲の人々、そしてワールドインテックと、さまざまなところから評価される立場なのですが、だからこそがんばろうと、それをやる気に変えて働いています。
大学で医療系の勉強をしていたので、それを活かせる現場で働けることにやりがいを感じています。信頼を得ることで、例えば、緊急性のある仕事や重要性の高い仕事を与えてもらえる機会が増えるので、そういったことを感じながら充実した毎日を過ごすことができています。

3 新卒者へのメッセージをお願いします。

派遣という形態なので、配属先との相性などもあるのですが、それでもみんな楽しくできているのは、ワールドインテック独特の和気あいあいとした雰囲気があるからだと思います。
会社側が積極的に研究者たちのコミュニケーションの場を作ってくれるので、配属先が違う同期、先輩後輩も含めて、その場でいろいろな話をして輪を広げることができますし、もちろん営業の方々も日々サポートしてくれますので、派遣先でも安心して仕事をできます。ワールドインテックは、そういった働きやすい環境をしっかりと作ってくれる素敵な会社だと思いますよ。

3/5
新卒採用TOPへ