研究職 臨床開発職の正社員募集 ワールドインテックRD リクルーティングサイト

TOP > 新卒採用 > 修士インタビュー② 

自分以上に自分のことを考えて、
全面バックアップしてくれる会社!

理学研究科で大腸菌・タンパクを専攻し修士を取得。
入社2年目。現在は、大手医薬品メーカーに配属。


2016年入社
理学研究科 修士修了
大学院での専攻:大腸菌・タンパク
勤務先:大手医薬品メーカー
担当業務:医薬品品質評価

1 どのような思いで就職活動をしていましたか?

「研究」をキーワードに探していて目に留まったのがワールドインテックでした。その段階で2社内定をもらっていたのですが、とりあえず面接を受けてみました。
初めは偏見がありましたが、話を聞くと、思っていた派遣とは全く違うことがわかりましたし、採用担当者の方や面接が堅苦しくなくてとても柔らかい雰囲気だったので、自分に合っていると感じました。研究ができて、その経験をキャリアアップにつなげられると思ったのも入社を決めた一因でした。
大学の教授や親は「派遣」という言葉を良く思わなかったのですが、登録型派遣業ではなく、派遣という形態を取っているだけで正社員であること、多くの企業に派遣という形で技術を提供している会社であることを説明して納得してもらうことができました。

2 実際に勤務してみて、いかがですか?

派遣という言葉が気になり、ちょっと不安はあったのですが、配属先で「派遣だから…」という扱いを受けることも全くなく、責任ある仕事を任せてもらっていて、一技術者として技術を提供できていると実感しています。面談時点では製薬会社への配属に乗り気ではなかったのですが、担当の営業の方が製薬会社で働く意義と、将来について、僕のことを考えてしっかりと教えてくださったので、チャレンジしてみることにしました。今では、当初興味があった分野よりも製薬の方が楽しいと思っています。また、今の配属先は、企業の負担で英会話が学べるなど、教育がしっかりしていて、さらに資格の取得にも協力的。資格取得には、ワールドインテックからも補助金が出ますし、取得すれば手当をもらうことができるので、やりがいがあります。

3 新卒者へのメッセージをお願いします。

アウトソーシング=派遣というイメージで不安に感じる方もいるかもしれませんが、僕は逆にアウトソーシングは安心だと思っています。例えば、配属先の企業が潰れたとしても、次の配属先に行ける。これが雇用の安定を意味するのではないでしょうか。東証一部上場というのも安心材料の一つだと思います。
とにかく、ワールドインテックは、技術者のアウトソーシングを行う同業他社と比べて、いろいろな面でずば抜けて良い! 他社の話を聞くとかわいそうになるほどです。
同業他社で迷っているなら、ワールドインテックに入社するのがあなたのためだと思います!

2/5
新卒採用TOPへ