研究職 臨床開発職の正社員募集 ワールドインテックRD リクルーティングサイト

TOP > 新卒採用 > 機械工学インタビュー③ 

ワールドインテックには、知らないことを
学びながら技術の幅を広げていける
環境があります。

工学研究科で有機化学を専攻し修士を取得。入社2年目。
現在は、医療機器を研究・開発する企業に配属。


2016年入社
工学研究科 修士修了
大学での専攻:有機化学
勤務先:大手医療機器メーカー
担当業務:医療機器の品質評価

1 どのような思いで就職活動をしていましたか?

どうしても研究職で技術者として働きたいという思いがありまして、それだけは妥協できないという思いで就職活動をしていました。
インターネットで調べるなかで技術派遣という仕事があることを知って、いろいろな配属先で、幅広く技術を学べる、というところに魅力を感じて、ワールドインテックの面接を受けました。
人事の方もすごく印象がよく、内定をいただいてから見学した技術者研修会も、和気あいあいとした研究者集団という好印象でしたので、間違いないと思いました。

2 実際に勤務してみて、いかがですか?

派遣であることに不安があったのですが、働いてみると不安を感じることもなく、今となっては何が不安だったのか思い出せないくらい、毎日楽しく働くことができています。
現在は、今まで知らなかったことを学ぶことができる、広い知識を得られる研究に関わらせていただいていて、技術の幅を広げていきたいという思いがかなっています。
この先、いろいろな配属先を経験して、さらにさまざまな技術を学んでいけば、その先にまた新たな扉が開くのではないかと思っています。

3 新卒者へのメッセージをお願いします。

研究者としてやっていきたいというこだわりがあるのであれば、メーカーに就職するよりも、専門性に特化して働くことができる技術派遣がベストだと私は思っています。
メーカーに就職できても研究職に就けるとは限らないし、異動があるかもしれないので、本当に研究をやり続けたい人には、ワールドインテックはベストな環境です。ぜひ、研究で食べていきたい人たちに来てもらいたいですね。

3/3
新卒採用TOPへ